勉強や塾の悩み

親に勉強を手伝ってもらうとすぐに親子喧嘩になる理由とは

投稿日:

親子で勉強をすると喧嘩になる・・・というのは親子の永遠のテーマです。この前は親から見た視点でこのテーマを書きました。今回は子ども目線で書いていきます。

親目線での記事はコチラになります。

勉強で親子喧嘩
子どもに勉強を教えるとすぐに親子喧嘩になる理由

今回はお父さん、お母さん目線での記事になります。テストが近くなり、子どもからテスト勉強を手伝って欲しい、提出物を手伝って欲しいと頼まれたことはありませんか? また、何もやらない我が子に耐えかねて、自分 ...

続きを見る

スポンサーリンク

勉強しろと言われるタイミングが問題

これから書くことは、「そう!それ!」と思う子がいっぱいいると思います。もし、この記事をお父さん、お母さんが読んだ場合は、なるほど・・・と少し考え直して欲しい部分も出てきます。

もしだったら「勉強しろ」と言われ過ぎてすぐに喧嘩になる子はこの記事をお父さん、お母さんに見せてあげるといいかも知れません。

さて、それではまず勉強しろと言われるタイミングです。

「勉強しなさい」と何度も言われる子は、その言われる原因、理解していますね。そうです、勉強してないからです。まぁ当たり前ですね。だから食事の時とかに、「もっと勉強ちゃんとやれば?」「次のテストはもう少し頑張りなよ」と言われても仕方ないと理解していますよね。

では、なぜ「勉強しなさい」だと喧嘩に発展することが多いのでしょうか。

それはタイミングに問題があるのです。

「勉強しなさい」のタイミング

お父さん、お母さんが「勉強しなさい」と言うタイミングというのは、必ずと言っていいほど、子どもが「何かをしている時」です。特にスマホやゲーム、パソコンや漫画を読んでいる時ですね。

つまり子どもからすると、最初から、邪魔をされた気分になるのです。

まず、お父さん、お母さんがなぜこのタイミングで勉強しなさいと言うのか考えましょうか。

普段からあまり勉強をしなかったり、テストの点数や成績があまり良くないと、親はとても心配します。心配しているので、勉強をもっとさせた方がいいと考えるようになります。

普段はなかなかそういうことを言いませんが、心配はしているのです。

そんな中、あなたのことを見ると、いつ見ても勉強ではなく、スマホをいじっていたり、ゲームやパソコンをしていたり、本を開いたかと思えば漫画だったりと・・・もっと心配になるのです。

そして我慢が限界になり、「〇〇(あなた)のために言おう!」

そう決意するタイミングは・・・当然、あなたがスマホなりゲームなりをしているタイミングなのです。当たりでしょう?そういうタイミングで言われるから、言い返しちゃうんですよね。

勉強するべきなのは理解している

ですよね、ですよね。わかっているんです、自分でも。

自分でもわかっているからこそ、改めて言われることに抵抗があるわけです。

そしてただでさえ抵抗がある話題を、自分が何かを楽しんでいるタイミングで言われ、それもしつこく何回も・・・うるっせぇなぁと言い返してしまうことでしょう。

しかし、親としてもあなたのためを想って言っていることです。

言いたくて言っているわけではありません。

  • 「だったら最初っから言われるようなことしてんじゃないよ!」
  • 「だったら言われる前に自分でやりなさいよ!」

当然と言えば当然です。親側の意見はこれです。

そして親からすれば我慢してきたという部分もあり、その我慢が限界にきたタイミングで言うわけです。最初から少しイラついているわけですよね。

ですから、このやり取りが喧嘩に発展しやすいのは当然なのです。

喧嘩にならないために、お父さん、お母さんはお子さんがスマホなどを見ていないタイミングで、我慢の限界がきた時ではなく、その前の段階で、勉強するように言ってあげて下さい。

親に勉強を教えてもらう・手伝ってもらう時

親に勉強を手伝ってもらったこと、ありますよね。

中学、高校になると「お母さん、もう無理、わかんない」と言われてしまうこともあるかと思いますが、小学校の頃などは宿題を一緒に考えてくれたりしたこともあるでしょう。

まず、絶対に忘れないで欲しいことがあります。

お父さん、お母さんが勉強を教えてくれたり、ワークを手伝ってくれるということは、お父さん、お母さんが自分の自由時間を犠牲にしてあなたのために動いてくれているということです。

あなたがやりたかったスマホやゲーム、勉強をしないで自由にやっていたパソコンや漫画・・・そう、あなたにとってそういう楽しいものがあるように、親にもやりたいことがあるのです。

仕事や家事というのはとっても忙しく、大変なので、そういう趣味に使う時間を作るというのはとても難しいのです。それでもそうして出来た時間をあなたとの勉強に使おうとしている。

これをよく覚えておいて下さい。

ですから、口うるさく言われても「うるせぇよ!」「そんなのわかってるし」「どうせお母さん出来ないでしょ」というような反抗的な態度を取らないよう心掛けて下さい。

仮にそういう態度を取っても・・・心の中でありがとうを言いましょう。

懐かしい・・・というか私も中学生の頃、親に音楽のテスト勉強を教えてもらっていました。その時、音符の長さのたし算があり、どうしても理解出来なかったのです。

四分音符+四分音符=二分音符というのが、4+4=2と言われている感覚になり、脳内パニックから理解出来ないことでの八つ当たり・・・それでも最後まで教えてくれました。

本当に感謝しています。

甘えということを理解しよう

先生に勉強を教えてもらっている時はイライラしたりしないと思います。

でも、お父さんお母さんに教えてもらっていて、わからないと無性にイライラしますよね。これ、本当にわかるんです。なんでだろうって私も当時考えていました。

実はこれ、甘えなんですね。

・勉強を教えてもらってもわからないから怒る

こう書いてみると、いかにわがままかわかりますよね(笑)そしてとんでもないやつだと(笑)

そうなんですよ。本来わからないからと言ってイライラしたり怒ったりすることは、相手にとって失礼であり、やってはいけないことだと皆理解しているはずなんです。

学校で授業がわからなくても先生に対して怒りませんよね。

まぁ・・・友達と「あの先生わかりにくいんだよな」と言い合う程度でしょう。

それが自分の親ともなると、すぐに「わかんねぇ」「無理!」と言ってしまう・・・。

それは何を言っても嫌われることはないという安心感、甘えから出る暴言なのです。

だからお父さん、お母さんはそういう暴言を言われた時、「あらあら私のことが好きなのね、私に甘えているのね」と思って少し喧嘩スイッチを押すのをストップしてあげて下さい。

そして子ども側としては、親に暴言を吐く=甘えん坊な自分が出ているということを自覚しましょう。

もちろんそれでも言ってしまうことはあるでしょうけど、そう思っておけば、少し我慢強く親が教えてくれる内容を素直に聞けるようになるかも知れません。

一緒に勉強することは絶対に楽しい

マイナスな面を書いてきましたが、一緒に勉強をするのは非常に楽しいです。

少し思い浮かべてみて下さい。

リビングで家族皆でクイズ番組を見ている時、「あ、わかった!」「俺も!「私の方が早かったよ!」と皆で問題を考えて盛り上がったことはありませんか?

クイズに出ている問題も立派な「知識」であり勉強です。

このように、1人ではつまらない内容であっても、同じ方向を見て、同じように何かを考えてくれる人がいれば、本来楽しく思えるものなのです。

ですから、クイズ番組を見ているかのように、教える、教わるというよりは、一緒にその問題を考える。一緒に解き方を考えてみるようにすると、喧嘩になる回数はグッと減るはずです。

是非、試してみて下さい。

無料授業動画も使って下さい

私が配信している無料授業動画では、「一時停止してこの問題を解いてみて下さい」と言うタイミングを設けています。そういうタイミングで親子揃って解いてみて下さい。

お父さん、お母さんからしたら、バカバカしいと思うような問題もあるかも知れません。

しかしそのように一緒に解く、親子での共同作業というのは、勉強に対するモチベーション、感じ方に大きな影響を与えてくれます。

勉強は、興味を持ったり楽しいと思えれば、吸収力が格段に上がります。

是非、目先の勉強がわかる、わからないというだけでなく、受験へ向けての長丁場、いえ、それどころか子どもの人生における大事な道という考えを持ってお付き合いしてあげて下さい。

勉強を楽しく
興味を持つだけで中学生の勉強はこんなにもわかるようになる

今回のテーマはこれです。勉強しても勉強ができるようにならないというのもよくお聞きします。これは2つのパターンがあります。1つは勉強をしたつもりになってしまっているだけであること。 もう1つは、やらされ ...

続きを見る

授業動画一覧
ハシビロ先生・アルパカ先生の無料授業動画配信一覧

ハシビロ先生・アルパカ先生の中学生授業動画をもくじ形式にしていきます。中学1年生、2年生、3年生の範囲や、英語数学といった科目ごとに分けて目的の単元を見つけやすくします。 高校受験の点数の取り方のコツ ...

続きを見る

まとめ

いかがだったでしょうか。あー、わかる!と思うところも多かったのではないでしょうか。喧嘩も含めて家族で過ごす時間というのはかけがえのないものです。

でも、どうせ一緒に過ごすのであれば、喧嘩より笑っていた方がいいですよね。

一緒に楽しく勉強出来るよう、お互いが考えるきっかけにしてくれると嬉しいです。

お母さん世代に大人気だった給食クレープです♪
学校給食クレープアイス4種セット

-勉強や塾の悩み

Copyright© 勉強方法がわからない人のためのブログ , 2018 All Rights Reserved.