Wもぎ・Vもぎ関連

高校受験の緊張感に慣れるためのWもぎ・Vもぎ

投稿日:

夏期講習が明けるといよいよ本格的に周りは高校受験モードになってきます。今年2018年もWもぎ、Vもぎは例年通り開催されますので、出来るだけ多く受けるようにしましょう。

特に都立高校、県立高校受験を考えている子たちはそっくり問題も出ます。

スポンサーリンク

高校受験会場の緊張感は独特のもの

いつかの記事でも触れているのですが、高校受験会場というのは独特の雰囲気があります。言わば殺伐とした空気と言いますか・・・とにかく空気が重苦しいのです。

中にはとにかく参考書を読み返したりノートを見直している人もいます。

そしてそれを見て慌てて同様にノートを見る者もいたり、慌ててテキストを開く子も。

そして中にはマイペースに寝ちゃっている子もいます。

十人十色ですが、色んな子が色んな思いを持ってその会場に来ているわけで、そんな思いが交錯する場所では空気も重苦しくなるのは当たり前ということです。

特に教科と教科の合間の休み時間などは本当に空気が重く、何をしていいのかわからないものです。特にトイレに行きたいわけではなくともトイレに立つ子だっているでしょう。

3年間頑張ってきた成果を出し、競い合う場が受験会場となり、練習の場はありません。

まさに一発勝負でそこからの3年間が決まることになります。

緊張感に慣れるための模擬を受けよう

WもぎやVもぎはあくまで練習ですし、全く同じ空気を感じることは出来ません。

しかしながら、会場は実際の高校の教室を用意してくれているため、とても良い練習になると言われています。出来るだけ友達と同時に申し込むなどは避けた方が良いでしょう。

まぁ同時に申し込んだところで教室がバラバラに配置されるケースが多いのですが、それでも近くの席で受けることになると緊張感が欠けてしまい、練習としては物足りなくなってしまいます。

どうせなら緊張感MAXの中で模擬を受けた方が練習になりますからね。

これも以前書きましたが・・・男子は出来るだけ女子校の会場を選ばないようにしましょう。

私も男だから気持ちはわかるのですが、男子っていうのは精神年齢が女子に比べて低いものです。「女子校ってどんなところなんだろうね!」「一回見てみたい!」

そんな思考に流れ、そこに共感する男子は非常に多いものです。

そしてこのWもぎ、Vもぎというのは女子校でも開催されていて、男子でも申し込むことが出来るので、このチャンスに行ってみよう!という話になり、友達と女子校に申し込むんですよね。

ではなぜ女子校を避けた方がいいのか・・・。

それはトイレに困るからです。実際は色々と考慮され、トイレについての説明もしてくれるはずですが、中学生だと聞き逃すことも多いでしょう。そんな中、試験中にトイレに行きたくなったら?

「トイレ行かせて下さい」

と言って出てきたまではいいものの、全部が女子トイレでどうしていいかわからなくなってしまうかも知れません。私の生徒ではそういう子が実際にいました。

ですから、興味本位で女子校で受けるのではなく、共学校で受けることをおすすめします。

緊張しがちの子はたくさん受けよう

緊張することで本来の力以上に発揮出来るタイプもいますが、多くは萎縮してしまい、1割減、2割減の力しか発揮出来なくなってしまうことでしょう。

性格的なものもあるので、どんなに慣れても緊張しなくなるということはないでしょう。

しかしながら、緊張することに慣れることは出来るのです。

つまり緊張はするものの、緊張状態でもいつも通りに近い力が発揮出来るようになるということです。そこまでいけばいくら緊張してもいいんだと思えるようになるでしょう。

緊張感で力が発揮出来ないタイプの子は、当日の問題で何が出るかな?というような受験本来の悩みとは別の部分で悩む時間が多くなってしまうものです。

  • 緊張しておなかが痛くなったらどうしよう?
  • 周りの子たち頭良さそうだったらどうしよう?
  • 忘れ物しちゃったらどうしよう?

こんなことを一度考え出してしまうとずっとそのことばかり気になってしまうものです。言い方は悪いですが、本当にこれは余計な時間です。そんなことを考える時間があったら勉強したいところです。

ただ、緊張したっていいじゃないかと思えるようになればそれも良しです。

WもぎやVもぎを受けて緊張しないようになればもちろん良し、それが無理ならば緊張してもいつも通りだったり、緊張を力に変えられるようになればなお良しということです。

10月くらいからは毎週のように(実際には月に3回程度)都立そっくりもぎがあります。

毎回受ける必要はありませんが、月に1回くらいのペースでは受けてみるといいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。私が受験生の頃はWもぎのようなものを受けた覚えがなく、一発勝負でした。相当な緊張感だったのを今でも覚えています。幸い緊張感を力に変えられるタイプでした。

ただ少しおなかが痛くなったかなぁ・・・。

今では練習する機会が多くあるので、是非もぎを利用して緊張感に慣れていきましょう。

Wもぎで点数を取るコツなどはこちらをご覧下さい。

W模擬・V模擬を初めて受けてショックだった

今回は、W模擬とV模擬を初めて受けた子、初めて受けさせた保護者の方の反応をお届けしようと思います。現在2017年6月ですので、あと数か月で始まりますね。 まずはW模擬、V模擬の性質からお伝えします。W ...

続きを見る

WもぎとVもぎはどちらを受けたらいいの?

今回はW模擬とV模擬の違いについて説明します。少々検索などにかけてみると、根本的な違いこそ説明がありますが、細かいことには触れられていません。 どちらを受けるべきかも踏まえて説明していきます。 もくじ ...

続きを見る

お母さん世代に大人気だった給食クレープです♪
学校給食クレープアイス4種セット

-Wもぎ・Vもぎ関連

Copyright© 勉強受験の悩み解決塾 , 2018 All Rights Reserved.