正しい学習塾、家庭教師の選び方。都立,公立,私立高校受験の悩みや不安を解決します。

勉強受験の悩み解決塾

Wもぎ・Vもぎ関連

WもぎとVもぎはどちらを受けたらいいの?

更新日:

今回はW模擬とV模擬の違いについて説明します。少々検索などにかけてみると、根本的な違いこそ説明がありますが、細かいことには触れられていません。

どちらを受けるべきかも踏まえて説明していきます。

スポンサーリンク

W模擬とV模擬は何が違うのか

W模擬は、正式にはW合格もぎといいます。新教育が提供していて、以下の種類があります。

  • 都立そっくりもぎ
  • 自校作成校対策もぎ
  • 私立合格もぎ
  • 神奈川県入試対策もぎ

V模擬もひらがなで、Vもぎです。進学研究会の提供で、以下の種類があります。

  • 都立Vもぎ
  • 都立自校作成対策もぎ
  • 私立もぎ
  • 県立もぎ

WもぎとVもぎは会社が違うだけ?

えっと・・・ですね。まぁ、はい。確かに都立受験を視野に入れていて、大きな視点で見るとそうなってしまいます。しかし、大きな違いがあるポイントもあります。

Wもぎの県立入試は神奈川県に対応していて、Vもぎは千葉県に対応しているということです。ここは非常に大きな違いです。特に神奈川県立高校、千葉県立高校を受験しようと思っているご家庭はきちんと注意して、対応している方のもぎを受けましょう。

WもぎとVもぎの共通点

どちらも非常に手厚いです。Vもぎは受験用最新案内を配ってくれますし、Wもぎは要点集などを無料で配ってくれますので、付加価値だけでもかなりのものがあります。

また、どちらも実際の高等学校がメイン会場となりますので、本物の受験の雰囲気を生で体感することが出来、場慣れをするにはこれ以上ない環境を整備してくれます。

もちろん両方とも、学校の成績、当日の点数をもとにして、志望校の合格率も出してくれ、弱点などの指摘も行ってくれるので、定期的に受けることをオススメします。

書店申し込み等では、2017年現在、両方とも4500円で受けることが出来ます。

塾経由ですと、割引料金で受けることも可能です。

私の考えるWもぎ・Vもぎの違い

これはあくまで、私の印象として書くものです。公式に発表があったり、その他の根拠があるものではありませんのでご了承ください。

まず、Vもぎですが、難易度が高めです。調べてみると、どちらを受けてもあまり変わらないようなことが多く書いてありますが、Vもぎは明らかにやや難易度が高いです。

実際、Vもぎで250点くらいですと、本番で290点くらい取れるだろう、といったような成績表で返されます。これは完全に都立受験問題よりも、やや難しく意図的に作ったという意味ですね。

野球で練習の時に、おもりのついたバットを振るようなイメージです。

対するWもぎですが、こちらも都立受験問題よりは、やや難易度が高いです。じゃぁ同じじゃないか。と言いたくもなりますが、本当に違うのです。

抽象的な表現で申し訳ないのですが、Wもぎはバットにおもりを1つ、Vもぎではおもりが2つついたバットで練習。そういう表現で間違ってはいないと思います。

また、どちらを受けるにしても、初めて受ける時は、その難しさにショックを受ける子も少なくありません。なぜなら、学校のテストと全然違うので、いきなりだと対応出来ないからです。

WもぎとVもぎどちらを受ければいいか

上記のように、Vもぎは、やや難易度が高いです。数学を例に出しますと、特に文字式の証明問題である、大問2で毎回大きな違いを感じます。これは、どちらが良くてどちらが悪いという話ではありません。

都立高校受験では、上下幅広いレベルの高校受験で同じ問題が使われます。そのため、幅広いレベルの子がWもぎ、Vもぎも受けたいと思うわけですね。

ですから、やや上を目指したいと思っている子はVもぎを、そんな上を目指すのではなく、都立の中堅高校までを確実に狙いたいと思っている子はWもぎを受けるといいと思います。

また、学習塾単位で、契約しているところもあるので、通っている学習塾によってはどちらかを推奨されることも多いです。

私の学習塾では、Wもぎを契約しており、希望者は割引価格で受けられます

WもぎもVもぎも受験問題にそっくり

「そっくりもぎ」という名前で作っているくらいですから、都立高校受験や県立高校受験の問題とよく似ています。

もちろん、そっくりと言っても問題がそっくりというわけでなく、出題形式がそっくりというわけですので、そういう点ではどちらのもぎがいいということはありません。

どちらにも共通しているメリットは、「場慣れ」することが出来るということです。

やはり受験では緊張感がすごいですからね。その場にいる全員がライバルですし、「今日の結果で人生が決まる」と考え始めると変な汗も出て、手も冷たくなってきます。

それほど緊張してしまうのが受験ですが、WもぎやVもぎで、そういう「知らない人が大勢いる中でテストを受ける」ということに慣れておけば、緊張感も少し和らぐはずです。

また、もぎ会場は実際の高等学校を使われるので、同時に高校を見学するようなものです。

高校見学に行くのもめんどくさがるようなお子さんでしたら、是非たくさんの会場でもぎを受けさせて下さい。高校見学のコツなどはこちらにあります。

高校見学はどこへ行かせるべきか

最近では、夏休みの宿題として、「最低でも2校に高校見学へ行き、感想などのレポートを提出」といったような内容が出される学校も多いです。 しかし、この時期は自分から興味のある高校などあまりありません。 む ...

続きを見る

また、共通のメリットとして、成長曲線を出してくれるというのがあります。

自分が受けた履歴をもとに、第3回はこの点数で、偏差値はこのくらい。第4回でこうなりました。第5回でこうなりましたと折れ線グラフで出してくれます。

ですが、だからこそ一度どちらかを受けると、ずっとそちらを受けた方がいいと思ってしまうわけですね。最初にどちらを選ぶかが肝心になってしまうのがデメリットでしょうか。

両方のもぎについて、それぞれをもう少し詳しく見ていきましょうか。

Wもぎのメリットとは

  • 実際の受験とレベルが近い
  • 当日点の予想が出来る

実際の受験とレベルが近い

Vもぎが重り2つに対してWもぎは1つと書きました。ですから、実際のバットの重さと近いのです。つまり実際の受験問題のレベルとかなり近いということですね。

ですから、本番を意識するという意味では、非常に良い効果が期待出来ます。

当日点の予想が出来る

実際のレベルに近いからこそ、Wもぎで取った点数がそのまま当日点に近いものになると予想することが出来ます。言い換えれば誤魔化しがきかないということです。

1月の第3週あたりで最後のWもぎが開催されます。

そこでの結果が最終判断材料になります。もちろんそこからさらに1ヶ月の勉強時間があるわけですが、そこまでの折れ線グラフによる成長曲線と、最後のWもぎで志望校を最終判断することになります。

本番のつもりで取り組むようにして下さい。

Wもぎのデメリットとは

  • 上位校を受ける予定の子には物足りないレベル

もぎを受けることによるデメリットなどは、本来ありません。あくまでVもぎと比べてという感じで見ます。

毎年、受験問題はバランスが取られています。大きい視点でいくと、国語が難しい年は数学がやや易しかったり、英語と社会が難しく、国語と理科が易しい年があったり。

細かい視点で見ますと、数学のしかく3は簡単だけど、しかく2は難しいという感じです。

上位校を目指す子たちは、「易しい問題は絶対落とさず、周りが苦戦する問題で差をつける」ように受験を戦い抜く必要があります。

ですから、難しい問題に慣れる必要もあるのです。そういう意味では重り1つよりも2つであるVもぎの方が向いているのかも知れませんね。

Vもぎのメリットとは

  • 難しい問題への応用力がつく
  • 「最低でもこのくらいは取れる」というラインが予想出来る
  • 最終もぎの受付期間に猶予がある

応用力がつく

Vもぎは、やはりWもぎよりもワンランクか、もう少し難しく作られていますので、解いていて非常に手応えのある問題が多くあります。

上位校を目指す子は、向上心が強い子が多いので、難しい問題が出るとなんとしても解こうとし、解けなかったとしても帰ってから解答を照らし合わせるでしょう。

そうやって色んなタイプの問題に触れることで大きなレベルアップが見込めます。

最低ラインを予想出来る

Vもぎの結果を見ると書いてあることですが、250点くらい取ってくると、「当日は300点取れるでしょう」のように、もっと高い点が取れる予想で返されます。

これは完全に重りをつけていますという意味に直結しているでしょう。

裏を返せば、「どんなに悪くても今回のVもぎの点数を下回ることはないと思いますよ」という意味にもなりますので、自分の最低ラインを知ることが出来ます。

最終もぎの受付期間について

一度だけ、ついうっかりしてしまったことがあるのですが、お正月を挟むことで、1月のもぎの受付期間がWもぎは変則的になることが多いのです。

変則的と言いますか、締切がいつもよりはるかに早くなるんですよ。

それに対してVもぎはいつもと同じ猶予があるという意味です。これに関しては過去の事例ですので、いつどうなるかわかりませんし、きちんと予定をチェックしましょう。

Vもぎのデメリットとは

  • 難し過ぎる

もちろん、こちらもデメリットなんて特にはないのですが・・・やはり難しいということです。

中堅高校かそれ以下の高校を目指している子がヘタに受けてしまうと、「私には都立受験、県立受験なんて無理だよ」と、自信を失ってしまう危険性があります。

適材適所、適地適作(社会で習いますね)と言われるくらいですし、中堅高校以下を目指す場合は、Vもぎよりも、Wもぎを受けた方がいいかも知れません。

WもぎもVもぎも対策はバッチリ出来る!

Wもぎと、Vもぎのどちらを受けるべきかがテーマでしたので、比べる項目を多く書いてきましたが、どちらにも共通して言えることは、「都立、県立受験対策のもぎ」ということです。

ですから、受験対策が出来ればもぎ対策も出来るのです。

練習であるもぎの対策をするために、本番である受験の出題傾向を探るというのもなんかおかしな話ですが、それほどWもぎ、Vもぎ、受験問題はそっくりな内容です。

難易度に差はあれども、対策という意味では同じなのです。

そしてその対策というのは、やはり教えてくれる人の熟練度に大きく左右されます。

繰り返しますが「そっくりもぎ」というものが作れるくらいですから、毎年同じような傾向で出題されるということです。つまり、毎年受験に関わっている先生にとっては、出題傾向など手に取るようにわかります。

それに対して、あまり受験生の指導経験がない先生や、学生アルバイトでは、ここを詳しく教えることがなかなか出来ないでしょう。

  • Wもぎや、Vもぎに不安を感じたら、そっくりそのまま受験本番の不安になります。
  • Wもぎや、Vもぎで壊滅的な点数を取ったら、これも本番の不安につながります。

自分ひとりできちんと真面目に勉強が出来る子も、中にはいますが、やはりこういった「コツ」がある部分に関しては、熟練した人に教えてもらう必要があります。

同じ頭のレベルであっても、この傾向と対策を知っている子と知らない子では何十点も、ヘタをすると100点以上も点数に差が出てきてしまいますからね。

Wもぎ・Vもぎを1回受けてみて、点数次第では対策を考えてみて下さい。

具体的なWもぎ・Vもぎ対策

WもぎやVもぎは初めて受けると、どうしてもショックを受けるような点数になってしまいがちです。こちらでも説明を書いてあります。

W模擬・V模擬を初めて受けてショックだった

今回は、W模擬とV模擬を初めて受けた子、初めて受けさせた保護者の方の反応をお届けしようと思います。現在2017年6月ですので、あと数か月で始まりますね。 まずはW模擬、V模擬の性質からお伝えします。W ...

続きを見る

最初はどんな点数でも、割り切って次回以降に向けて対策を立てましょう。

  1. 家庭教師の体験授業を受けてWもぎ・Vもぎ対策を聞く
  2. 傾向と対策をして次回に臨む
  3. またショックを受けたら、実力強化!

この順番Wもぎ・Vもぎ対策をしていきましょう。慎重にいくならこの順番というイメージですね。

学習塾の体験学習に行っても、こういう、もぎ対策をしてくれることはありません。ですが、家庭教師だとけっこうわがままも聞いてくれるものです。

まずは、きちんとWもぎ・Vもぎでの点数が良くなかったということを伝え、その点数を上げたいから出題傾向と対策を無料体験授業で教えて欲しいと伝えて下さい。

「点数が上がるようなら是非契約しようかと思うのですが」

と付け加えると、より力を入れてくれるかも知れませんね。

無料体験授業が可能な家庭教師会社

家庭教師のがんば

こちらは平均点以下の子をメインにしている家庭教師会社です。教師の在籍数が多いので、学生さんも多いです。しかし、きちんと事前に「受験生を受け持った経験のある先生をお願いします」と伝えれば大丈夫です。

また、無料体験授業の時はプロ家庭教師が来ます。経験も豊富な先生が来るはずなので、詳しく模擬対策を聞いて下さい。関東地域限定の会社です。

家庭教師のノーバス

こちらは、中堅からやや上の高校を目指す場合におすすめです。無料体験授業ももちろん出来ます。

先生の質を厳選している会社ですので、先生全員が受験に対する知識も経験も豊富です。最初の無料体験授業できちんと傾向と対策をききましょう。こちらも関東エリア限定となります。

家庭教師のデスクスタイル

こちらは、西日本全域が対象エリアになります。上記の「がんば」と同じように平均点以下の子にオススメです。無料体験授業ももちろん出来ますので、もぎ対策も聞けます。

家庭教師会社は、TVCMをしているところなど、他にも色々ありますが、家庭教師を経験した身からすると、上記会社をオススメします。

システムが非常にシンプルなので、授業料やテキスト費、講師管理費などで、後から

こんなはずじゃなかった!」と、なりにくい会社を厳選して紹介したつもりです。

対策が出来たら次回のもぎへ

家庭教師の無料体験授業できちんと傾向を聞き、対策が出来たら自信を持って次回もぎへ送り出してあげて下さい!もし、点数が良くなった場合はさらに対策しましょう。

他の家庭教師や学習塾で無料体験するのもいいですが、テレビCMですごい流れている「神授業」といもの。これも良いですよ。

授業そのもののクオリティはすごく高いですからね。リアルタイムに質問が出来なくても、自分でわかるまで見直すことも出来ます。スマホ1台で全て出来ます。

塾と同じ内容の授業を格安で受けられるというものですからおすすめです。

こちらも無料お試し期間があり、向いてないと思えばすぐに解約出来ます。絶対試してみる価値ありですよ。

これはもう、もぎのコツというよりは実力を磨くためですね。

スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

無料体験は14日間もあります。内容は本当に素晴らしいので、是非覗いてみて下さい。

また、今はインターネット家庭教師というものもあります。自宅に招く家庭教師に抵抗があるようなら、こちらの記事も読んで参考にしてみて下さい。

驚くことにこのタイプでも無料体験授業が受けられますからね。

インターネット家庭教師・学習塾で受験対策

今回は、私の非常におすすめのスタイルをご紹介します。私の学習塾は、Re.net学習塾といいまして、「net」という文字がついています。これはいつかインターネットで授業もしたいという思いも含まれています ...

続きを見る

最後に

どちらを受けるにしても、問題の出題形式は、見事なまでに都立受験問題とそっくりに作られています。また、解答用紙なども本当にそっくりなので、予行演習としてはこの上ないものになります。

9月いっぱいまでは場慣れの意味で、10月以降は自分の力試しで、1月は自分の最後の審判という気持ちで受けるのがいいと思います。とても良い経験になりますよ。わからないことがあればメール等でご質問ください。

お付き合いありがとうございました。

スポンサーリンク

お母さん世代に大人気だった給食クレープです♪
学校給食クレープアイス4種セット

-Wもぎ・Vもぎ関連

Copyright© 勉強受験の悩み解決塾 , 2018 AllRights Reserved.